廃棄物を減らすには│産廃選別をして資源を有効活用

作業員

産廃選別をする理由

産廃選別に最適な重機の販売を行なう業者がありますよ!コチラで探すことが可能なので、クリックしてみましょう。

ゴミ

産業廃棄物とは事業活動などによって生じる廃棄物のことをいい、産廃ともいいます。この産廃とは工事現場などで出る木材のゴミや石、コンクリートの欠片や、工場で出る廃プラスチックや廃油などが含まれています。このような産廃は、それを排出した事業が責任を持って処理しないといけません。ただ処分するだけでなく、産廃の中から再利用できるものがないか探さないといけないのです。この作業を産廃選別といい、これをしないと処理をしてはいけないことになっています。この産廃選別をすることで、再利用できる資源を活用していくことで材料費を節約することができますし、廃棄物の量も減って処理にかかる費用も安くすることができます。事業主にはこのようなメリットがあって、リサイクルを行なうことによって地球環境に貢献することができるのです。そのために産廃選別をするのですが、廃棄物を選別するには専用の機械をしようして行なったほうが効率良くできます。手作業で行なうと時間がかかりますし、危険なものが混ざっていて怪我をするかもしれません。ですから、そのようなことを避けるために、環境リサイクル用の機械を開発している所からレンタルしましょう。開発業者の中には販売だけでなくレンタルもしているので、購入資金が用意できない場合はレンタルで産廃選別をしましょう。このような業者では、いろいろな廃棄物に対処できるような機械がたくさんあるので、廃棄物処理を行なう事業主は相談してその事業に適している機械を選びましょう。

業者に選別を依頼

男性

たくさんの家が地震などの災害で崩れてしまうと、そのガレキを撤去しないといけませんが、中にはまだ再利用することができるものがあるかもしれません。ですから、ガレキ選別を行なって資源を有効活用してください。

詳しくはこちら

廃棄物の処理の仕方

女性

産廃処理は処理業者に依頼しないと、事業主が責任を持って処理をしないといけません。処理は産廃選別という中間処理を行なった後に、廃棄物を埋め立てる最終処分を行なうことになるでしょう。

詳しくはこちら

一般廃棄物を処理する

ゴミ

産業廃棄物以外の廃棄物を一般廃棄物といい、それは家庭から出るような紙くずやティッシュなどの廃棄物です。さいたま市には産業廃棄物だけでなく一般廃棄物も処理してくれる業者があります。

詳しくはこちら

Copyright © 2015 廃棄物を減らすには│産廃選別をして資源を有効活用 All Rights Reserved.